追分めぐみ   サイトマップ  
exhibition message essay gallery contactus shop
展示会情報

 
【 VOL.26】 9月24日 初冠雪  
     
 
 

始まり
 
9月24日 初冠雪

なんと言っても避暑地であるから、東京や甲府に比べるとはるかにマシとはいえ残暑の続く毎日だった。
気がつけば9月も後半。
はて、去年の初冠雪はいつだったろうか?と、東京では相変わらず夏日とのニュースが続いている中、夏姿の富士山を見ながら思っていた。

この秋、二度目の大雨と今回は大風も従えてやってきた台風一過の次の次の日、天気予報ははずれて朝から雨模様の一日だった。
しかも、いきなり寒い。
あわてて出した冬布団にくるまって寝た次の朝。
もしやもしやと秋晴れの冷たい空気の中、外に出てみるとそこには富士山がはっきりと雪化粧して坐っていた。
たいてい初冠雪は「河口湖側から一瞬見えた」とか「甲府では確認できなかった」とか、本当にわずかで一瞬で、直接は見逃す事も多いのだが今年はどこから見てもハッキリと広く、うっすらと雪のベールをかぶっていた。

我が家から見て富士山に雪が全く見えない月は1年のうち、たいてい8月の1ヶ月だけだ。
7月に入ってもまだ雪はほんのわずかだが残っていて、地元の人は昔から富士山に雪が残っている間はこたつを片付けないで急な冷え込みに用心してきたという。
確かに、年中出しっ放しの我が家のホットカーペットも7月となっていても梅雨の間は電気を入れたい日が毎年きっとある。
そして9月。
2、3日前まで残暑をぼやいていたのに、初冠雪を迎えるともうストーブやこたつがいきなり恋しい。

春の農鳥、雪の無い夏の赤富士、秋の初冠雪。
とんでもない大災害のあった今年もあいかわらず季節は淡々と巡ってゆく。

9月30日アップの原稿はすでに8月の30日に送ってあるのだが、今回、無理を言ってオタスケマンに原稿を差し替えてもらう事にした。

 一日でも早く伝えたかった。

「富士山のてっぺんに雪が降りました。とても美しいです。」

2011.9.30
追分 めぐみ
 
preview List next
 
CSE YOUSEE VERASHOP
COPYRIGHT Creative System Engineering Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.