追分めぐみ   サイトマップ  
exhibition message essay gallery contactus shop
展示会情報

 
【 VOL.32】 繋がってゆく。  
     
 
 

つながる?
 
繋がってゆく。

その絵を描き始めたのは梅雨の頃だった。

海、波、泡、そんなもので何か繋がってゆくもの、連結するものを表してみようと思った。 完成画のイメージは緑色だった。

深みある緑を出したいがなかなかうまくゆかない。
下地に補色の赤を塗り、上に緑、青、黄色、そして又、赤、緑。
塗ったり削ったりを繰り返しているうちに、絵は真っ赤になってしまった。
しかも、この上にさらに塗り重ねるのが惜しいような赤だった。

筆の止まってしまった赤い絵を目につくところにおいて毎日毎日見るとはなしに見続けた。
何かが足らない。ふと、思いつきでカッターを使って左隅を引っかいてみると、絵の具は重なりに重なった全ての色をくっつけて膜となってズリズリとめくれてしまった。
めくる感覚がおもしろすぎた。
気がつくと絵の3分の1ぐらい、地のベニヤ板が丸出しになってしまった。
収拾がつかなくなったが、ベニヤ板の明るい色は意外と悪くない。

やりっぱなしの絵を再び何日も目につくところに置いたままにしていた。
いつの間にか庭のヤマボウシの葉がこの絵の赤と同じになっていた。
季節はすっかり秋だった。
ならばこの木と重なるようにある木蓮の黄色くなった葉をこの絵にも重ねてみれば美しい絵が仕上がるかもしれない。
ベニヤ板の覗いた部分に黄色の絵の具は抵抗なくすっぽりと収まった。
さらに描き続ける間に庭の木蓮の葉はすっかり落ち、絵の中の黄色も銀杏、カリンへと変化し、そこでなんとか絵は「ストップ」した。

赤と黄色の絵となったのに、緑はすっかり姿を消したのに、海の絵ではなく山の絵となったのに、この絵には初めのイメージが残ってる。

タイトルは「連結」「秋」それとも「全ては思い込み」 ?



   これがアップするのは12月30日。 今年も後一日になりました。
   新しい年が幸多き年となりますように。 ありがとうございました。

2011.12.30
追分 めぐみ
 
preview List next
 
CSE YOUSEE VERASHOP
COPYRIGHT Creative System Engineering Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.